痛風をしっかりと改善したい【色々な情報を記載】

先生

足に激痛を伴う症状

症状があらわれたときは

笑顔の婦人

痛風は男性に多い病気で、尿酸値が多いことで関節炎を起こしてしまうようになります。その痛みはかなり激しく、人によっては歩けないことも少なくありません。最近では若い人でも痛風になる人が増えてきており、その食生活に問題があると考えられています。痛風になってしまったときは、内科または整形外科で診てもらうことです。血液や尿検査で診断していき、痛みの症状は薬で緩和できます。そして、この尿酸値をコントロールするための薬も処方されるので、これをしばらく服用していけば症状も落ち着くようになります。病院によっては松葉づえを貸してくれるところもあるので、これで歩行困難が解消されます。痛風はその激痛から、生活を普通通りに送ることが困難になってしまいます。しかし、病院での治療で痛みが治まり、回復させていくことが可能です。

食生活の見直し

痛風は再発しやすい病気でもあるので、完治できたからといって今迄通りの生活を送るのは危険です。痛風の原因は、プリン体を多く含む食事にあり、そういった食生活を続けていれば再発の可能性は大きくなります。これを防ぐには食生活を見直していくことで、再発の可能性を低くしてくれます。どういった食材にプリン体が多く含まれているのかは、治療先の病院で教えてくれます。病院では今後の食生活にもアドバイスしてくれるので、それを参考にしていけば問題ありません。基本的にプリン体が多く含まれる食材には、レバーや一部の魚介類が当てはまります。アルコールもそうですが、最近はプリン体を抑えた商品もたくさん販売されるようになりました。これを意識して食事をしていくことで、再び同じ痛みを繰り返すことも起こりにくくなるので、食生活には気を付けることです。