痛風をしっかりと改善したい【色々な情報を記載】

先生

肌への対策

女性

痛風予防の基本は食事です。痛風にとってリスクの高いものを過度に摂取しないことにより、発症リスクはかなり低くすることができます。一般的に知られる最も痛風にとって発症リスクの高いものはプリン隊です。プリン隊は鳥や牛、豚のレバー類に特に多く含まれています。プリン隊は体内の尿酸値を高める働きがあるため、痛風の発症リスクが高まるのです。ほかに過剰摂取すると痛風の発症リスクを高めるものとして、アルコールがあります。アルコールもまた、尿酸値を高める働きがあります。また、アルコールを代謝する過程で体内の尿酸値を低くする働きが鈍ってしまいます。ビールは痛風によくないという認知は世間にもかなり広まっていますが、ビールだけではなく、酒類全般が痛風にとってはリスクを高める原因になるのです。

痛風の症状は痛みですが、ほかの疾患の痛みとは違うのが痛風の症状の特徴です。まず、どこかにぶつけたとか、足をひねったとか、そういった外的損傷がないのに激しい痛みを覚える場合は、通風を疑ったほうがいいでしょう。痛風の痛みは主に足先、特に親指の付け根の関節に集中的に痛みが起こります。初期的な症状としてはムズムズしたり、違和感があるなど、それほどつらいものではありませんが、これを放置するとある日突然激し痛みが襲います。この痛みはだんだん痛みが増すというよりも最初から激しい痛みになるというのも大きな特徴で、その日のうちに痛みは最も激しくなります。その痛みは靴が履けないどころか、靴下すら履けないほどの激しいものとなります。